資格

独学で取得できる2つのスポーツフード資格の詳細を解説!学習が進まない場合の解決策も紹介

独学で取得できる資格
この記事でお伝えすること

独学で取得できる「アスリート栄養食インストラクター」と「スポーツフードスペシャリスト」の詳細

試験対策に使える!実際買って良かったと思える5冊の市販本

独学での取得を「おすすめする人」と「おすすめしない人」の違い

 

スポーツフード資格に興味はあっても、できることなら安く取得したいですよね。

「独学でスポーツフードを学べば十分じゃない?」

「どうせなら学んだ知識が正しいか受験して試したい!」

…と悩んでいませんか?

スポーツフード資格には興味はあるんだけど、どれもこれも通信講座ばかりで…。
今まで市販の書籍で勉強してきたから、学んだ知識を活かして資格が欲しくて。

でも、独学で取得できるスポーツフード資格ってあるのかな??

みいちゃん
みいちゃん
スポーツフードの資格は年々増えてきているけど、独学で取得できる資格は2つしかないんだ。

この記事では、独学で取得できるスポーツフード資格についてお伝えしていきます。

この記事を読めば、どんなことを勉強してから試験を受ければいいのかわかるようになりますよ!

スポーツフード資格が気になっている人は、ぜひ読み進めてくださいね。

資格取得で意識が変わる!

もし「全く知識はないけどスポーツフードを学びたい」と思うのであれば、講座を受講することをおすすめします。

やみくもに書籍を購入しても、難しくて内容が理解できない可能性があるからです。

それに対して講座を受講すると、初心者でも理解しやすいテキストと講義でしっかりとスポーツフードの基礎が理解できます。

 

スポーツフードの講座は多数あるので悩んでしまうかもしれませんが、以下の講座がとくにおすすめ。

 

スポーツフードアドバイザー
現役アスリートをサポートしている講師監修の、今までのノウハウを生かしたカリキュラムが魅力。
1日30分の学習を3ヶ月続けることで、スポーツフードの基礎だけでなく実践的な知識も習得可能。
2資格同時申込みで50,000円+税など、さらなるスキルアップを目指すこともできます。

 

スポーツフードスペシャリスト
すべてがWEB上で完結する講座なので、スキマ時間を有効活用して資格を取得することができます。
WEB試験なら結果がその場でわかるので、すぐに合格を実感することができますよ。
取得費用も最安値なので、お財布に優しいのも特徴の1つ。

 

スポーツフード講座
スポーツフードマイスターとアスリート栄養食インストラクターの2資格が同時取得が可能。
認定試験代の20,000円を上乗せした講座を受講すると認定試験免除になるので、かならず資格取得できます。
受講期間も長いので、しっかりとスポーツフードの知識を身に付けることができますよ。

 

資格を取得することで確実に意識が変わるので、迷っているくらいなら早めに受講するのをおすすめします。

数あるスポーツフード資格の中でも独学で取得できるものは2つだけ

紅茶×スマホ×本

当サイトでもスポーツフード資格をお伝えしていますが、講座を受講後に試験を受ける資格ばかりです。

独学で取得できるものは「アスリート栄養食インストラクター」「スポーツフードマイスター」の2つしかありません。

みいちゃん
みいちゃん
詳しくはスポーツフードの資格一覧で解説しているけど、どんな資格があるのかサクッと解説するね!

最安値のスポーツフード資格でも37,400円かかってしまうので、講座を受講するよりも安くスポーツフード資格が取得できます。

とはいえ、ある程度の知識がないと合格できないので、独学で取得できる資格の詳細をお伝えしていきます。

みいちゃん
みいちゃん
各講座の詳細は、スポーツフード資格 取得難易度ランキングでチェックしてね♪

要CHECK!最安値の講座は37,400円で取得可能▼

スポーツフードの資格一覧
【スポーツフード資格一覧】7個の取得難易度ランキング!特徴/取得費用/おすすめポイントを解説 スポーツフードの資格は種類がありすぎて、何を基準に選んでいいのか悩んでしまいますよね。 「安い資格だと取得しても意味がない...

 

独学で取得できるスポーツフード資格の概要と取得に関する注意点を解説

ノートに書かれたチェックの文字

「講座を受講すると最低でも37,400円かかってしまう」とお伝えしましたが、できることなら独学で取得して少しでも費用を抑えたいですよね。

そこで、独学で取得できる2つの資格の概要と、注意点を解説していきます。

これから解説すること
  1. スポーツフード資格を取得するメリット
  2. アスリート栄養食インストラクターの概要
  3. スポーツフードスペシャリストの概要
  4. 独学で資格を取得する際におすすめの参考書
  5. 独学を「おすすめする人」と「おすすめしない人」の違い

ある程度スポーツフードの知識があれば独学で取得することは十分可能なので、どんな知識が問われるのかしっかりと把握しておきましょう。

それでは、独学で取得できるスポーツフード資格について、詳しく解説していきますね。

 

スポーツフード資格を取得するメリット

どんな資格なのかを説明する前に、まずはスポーツフード資格を取得するメリットについてお伝えしていきます。

独学でも取得できる2資格はSARAスクールという通信講座でも取得することができますが、なぜ学んだほうがいいのかを動画で紹介しています。

 

日頃からトレーニングでカラダを酷使しているアスリートだからこそ、普通の人よりも多くの栄養が必要です。

スポーツフードを学ぶメリット

試合で活躍できるカラダを作れる
減量・増量などの目的に合わせた食事の提供
オフ期や試合期の食事の考え方
コンビニや外食の活用方法
アスリートを食事で支えてるという満足感

スポーツフードを学ぶことはアスリートにもメリットがありますが、食で支えるサポート側にもメリットがあります。

わたしもアスリートフードマイスターという資格を取得しましたが、「食事で子ども達を支えている」と意識がガラッと変わりました。

みいちゃん
みいちゃん
どの資格でも、自分や家族のために頑張ることに意義があるんだよ!
みっく君
みっく君
自分のために頑張ってくれている人がいるって、なにより心強いよね。

 

アスリート栄養食インストラクターの概要

みいちゃん
みいちゃん
独学で取得できる1つ目の資格、アスリート栄養食インストラクターについて説明するね。
認定団体日本インストラクター技術協会
受験費用(税込)10,000円
問われる知識選手や目的に合わせた食事の考え方
サプリメントとの付き合い方
栄養素に関する知識
試験日程偶数月の20日~25日
受験方法在宅試験(郵送)
合格率得点率70%以上
合否発表試験終了2ヶ月後

「筋力を高めたい」「持久力をつけたい」など、目的に合わせた食事の提供ができるかが問われる試験です。

過去問題などは販売されていないので、市販の本などを使い合格を目指しましょう。

 

独学で取得できるスポーツフードマイスターの概要

みいちゃん
みいちゃん
もう1つの独学で取得できる資格、スポーツフードマイスターについて説明するね。
認定団体日本安全食料料理協会
受験費用(税込)10,000円
問われる知識スポーツフードに関する基礎知識
栄養素の働き
年齢に合わせた食事の知識
バランスの取れた献立が作成できるのか
コンディションに合わせた食事管理
試験日程偶数月の20日~25日
受験方法在宅試験(郵送)
合格率得点率70%以上
合否発表試験終了2ヶ月後

アスリート栄養食インストラクターと問われる知識は若干被っていますが、どちらかというと栄養素の働きが問われる試験内容のスポーツフードマイスター。

こちらの資格も試験問題の傾向は公表されていないので、市販の書籍でコツコツ合格を目指すしかありません。

 

独学で資格を取得する際におすすめの参考書5選

スポーツフードが学べる書籍は数多く販売されていますが、店頭に置かれている書籍は種類が少ないこともあります。

そこで、実際に購入して良かったと思ったレシピ本や栄養学に関する本を、5つ紹介します。

みいちゃん
みいちゃん
最初に紹介する3冊はレシピ付きの初心者向けの内容、残りの2冊は上級者向けの参考書だよ。
created by Rinker
¥1,540
(2021/06/20 10:10:59時点 Amazon調べ-詳細)

栄養学に関する知識と、実際のメニューが半分ずつ載っています。

イラストや図解が多く使われているので、初心者でもわかりやすいのが特徴です。鹿島アントラーズのユース寮の1ヶ月分の献立が載っているので、何を作るか悩んだときの参考になります。

目的に合わせたレシピ悩みを解決するためのレシピが多く掲載されているので、献立作りの参考になります。

「身長を伸ばすならこの食材が最適」など豊富に具体例が載っているので、1冊目のレシピ本に最適です。10代におすすめの本ということもあり、子供が好きなメニューがたくさん載っていますよ。

created by Rinker
¥1,430
(2021/06/20 10:11:01時点 Amazon調べ-詳細)

さまざまな本が販売されていますが、部活にスポットが当たっている珍しい本です。一部ですがマンガや図解も載っているので、子どもでも理解できる分かりやすい内容です。

試合前後の食事も載っているので、部活を頑張ることもを応援することができますよ。

最初の1冊目にはおすすめできないなくらい難しい内容の本ですが、しっかりとスポーツ栄養学の応用まで学ぶことができます。

独学で試験に挑むなら理解した方がいい内容が詰まっているので、初歩的な書籍を読んだ後で学習してくださいね。わからない用語などは調べながら、きちんと習得していきましょう。

小学生~中高年まで幅広い世代に対応している書籍ですが、書いてある内容が難しいです。ただ、この内容が理解できれば合格できる!と言えるくらいの幅広い知識が詰まっている1冊です。

さきほど紹介したアスリートの栄養学よりも高度な内容のため、ある程度栄養学の知識がある人は手に取ってみるのも悪くないですよ。

スポーツフードは難しいので、初めて学ぶ人は初心者向けの本から読み始めてくださいね。

 

独学を「おすすめする人」と「おすすめしない人」の違い

今回紹介しているアスリート栄養食インストラクターとスポーツフードスペシャリストは、同じ時期に試験がおこなわれます。

2資格同時で取得することもできますが、スポーツ栄養学に慣れていない人は1資格ずつの取得がおすすめです。

みいちゃん
みいちゃん
とはいえ、独学での取得はおすすめできない人がいるから、その特徴を解説するね。
  • 既に書籍などを読み、スポーツフードの知識がある
  • 書籍を読むだけで習得できる理解力がある
  • わからない部分は自分で納得できるまで調べられる
  • スポーツフードに関する知識がない
  • 文字よりも目や耳で覚えるのが得意
  • わからない部分は何となく理解したまま進めてしまう

わたしも後者ですが、ほとんどの人が難しい単語は何となく理解するだけで、きちんと覚えられないまま学習を進めてしまいます。

食に関する知識は一生使えるので、きちんと習得して生活に役立てていきたいと思いますよね。

みいちゃん
みいちゃん
ときどき出てくる難しい用語も調べながら進めていける人なら、独学でも取得できるよ。
みっく君
みっく君
独学が難しい人のために、解決策を紹介するね。

 

独学でスポーツフード資格の取得が難しい場合はSARAスクールをおすすめする3つの理由

机に向かって勉強

独学なら各資格10,000円の受験料だけで取得できるので、1発で合格できるなら安いものです。

とはいえ、何度も落ちてしまうと「講座を受講したほうが安かった」ということもあり得るので、独学で取得すべきか考える余地はありそうです。

みいちゃん
みいちゃん
まずは、講座を受講するメリットを知って、そのうえで独学で進めていくのか検討してね。
講座を受講するメリット
  1. 独学で取得できる2資格を完全網羅した講座がある
  2. 専属スタッフによるサポートでモチベーションが下がらない
  3. 資格免除のプラチナコースで確実に取得できる

独学でも取得することはできますが、講座を受講することにはメリットがたくさんあります。

そこで、どんなメリットがあるのかを詳しく解説していきますね。

 

1.独学で取得できる2資格を完全網羅した講座がある

SARAスクールは290講座以上用意されている女性のための通信講座ですが、その中に今回紹介している2資格が取得できるスポーツフード資格講座というものがあります。

まずはSARAスクールのことを、少し紹介します。

運営会社株式会社新生技術開発研究所
講座数実用的なものから国家資格まで、290講座以上
受講方法オリジナル教材+添削課題
特徴「基本コース」の他に、試験免除の「プラチナコース」が用意されている

SARAスクール受講できる講座の種類が豊富で、さまざまな資格を取得することができます。

みいちゃん
みいちゃん
そんなSARAスクールで受講できるスポーツフード資格講座は、1日30分の学習で確実に資格を取得できるんだよ。
みっく君
みっく君
初心者にもわかるように、テキストが初級~上級まで分かれているんだよ。

添削課題を5回提出しなくてはいけないので、自分の苦手な部分を把握しながら学習を進めていくことができます。

今回紹介した2資格は試験範囲が公表されていないので、独学の場合はやみくもに合格を目指すしかありません。

みいちゃん
みいちゃん
だからこそ、講座を受講すれば合格までの道筋がハッキリしていて勉強しやすいよね。

 

 

2.専属スタッフによるサポートでモチベーションが下がらない

アスリート栄養食インストラクターとスポーツフードマイスターは年に6回試験が開催されているので、どうしても「いつでも受けられる」という感覚になってしまいます。

独学は自分のペースで学習できる反面、やらないという選択肢が出てきてしまいます。

みっく君
みっく君
自分の時間が作れる人はいいけど、忙しとなかなか難しいよね…。
みいちゃん
みいちゃん
だからこそ、専属のスタッフがサポートしてくれるのは心強い味方になるよね。
サポートがあるメリット

メールで簡単に質問でき、サクサク学習を進めていくことができる
学習の進み具合を確認してもらえ、モチベーションが維持できる
「こんなときは何を食べたらいいの?」など、些細な疑問も質問できる
添削課題を提出することで苦手な部分がわかる

すべての勉強に共通していますが、わからないことを放置せずに理解するのって大切ですよね。

わからない部分を自分で調べていると時間だけが過ぎてしまい効率が悪いので、どんどんサポート体制を活用してくださいね。

 

3.資格免除のプラチナコースで確実に取得できる

SARAスクールの最大の特徴でもあるプラチナコースは、卒業課題を提出することで試験が免除されることです。

まずは「基本コース」と「プラチナコース」の違いについて解説してきます。

基本コースプラチナコース
料金59,800円79,800円
取得期間最短3ヶ月最短1ヶ月
添削課題5回5回+卒業課題
試験各協会に各自支払い
※受験料10,000円
免除

学ぶ範囲は変わりませんが、+2万円払うことで試験を受けなくても資格が取得できます。

2万円の差額は2つの資格の受験料と同じなので、それならプラチナコースのほうがトクだと思いませんか?

さまざまな書籍から独学でスポーツフードを学ぶこともできますが

・何冊か読んでいると同じ内容ばかり繰り返しになる
・書籍によって難易度が違い、理解できないものもある
・読んでいるだけでは理解できない

など、さまざまな問題もあります。

費用は掛かってしまいますが、わかりやすいテキストで学び問題を解くことで習得スピードが格段に上がりますよ。

「ここまで学べば資格が取得できる」とゴールが明確なので、モチベーションの維持にも役立ちますよ。

▼この値段で2資格同時取得できるなら安い▼

詳細ページ公式ページ

 

独学よりもスポーツフード講座を受講したほうが確実に資格を取得できる

机で勉強する女性

今回紹介した「アスリート栄養食インストラクター」と「スポーツフードスペシャリスト」はネット上で口コミが少なく、試験内容の詳細がわかりません。

そのため、確実に取得したい人はスポーツフード講座などの講座を受講したほうが確実に資格が取得できるので、検討してみてくださいね。

まとめ

独学で取得可能の資格は年6回試験が開催され、取得費用が10,000円かかる

アスリート栄養食インストラクターとスポーツフードマイスター以外の資格は、講座を受講しないと取得できない

SARAスクールなら資格試験免除のプラチナコースが用意されている

アスリートフードマイスターの取得は意味がないの?でもお伝えしましたが、どんな資格を取得しても使わなかったら何の意味もないですよね。

資格を取得して、日々の生活に役立ててくださいね。

アスリートフードマイスタースポーツフードスペシャリストスポーツフードアドバイザー
認定団体日本アスリートフード協会formieキャリカレ
受講料(税込)73,700円(3級)37,400円47,400円
※ネット割適用で37,400円
標準学習期間1ヶ月(3級)1ヶ月3ヶ月
学習方法通学/通信オンラインオンライン
受験方法会場/在宅在宅
※その場で結果がわかる
在宅
※別途 受験料5,600円
おすすめの人本気でスポーツ栄養学を学びたい人WEB教材でスキマ時間を有効活用したい人テキストを見ながら受験したい
公式サイト詳細詳細詳細

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA